彼女へのクリスマスプレゼントにDyson(ダイソン)ドライヤー「Supersonic」をオススメする理由

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

例えば女性へのクリスマスプレゼントを考える際、最初におしゃれな物が思い浮かぶと思います。
でも、それでブランドバッグやアクセサリーを買うとなると、相手のタイプ、趣向などを考えないといけません。

別の方法として、実用性があるプレゼントを探す手段もあります。最近はこっちの方が主流ですね。
ただしうまく探さないと、
「・・・いやそれ持ってるから」
ていう反応が返ってくる可能性が高いです。

そこで僕は一つの方法として、ダイソンのドライヤー「Dyson Supersonic」を提案しています。

というか実際にプレゼントで渡しました。

これ、女性であれば間違いなく喜びます。

ランクの高い美容室では必ずと言っていいほど使われていますね。
最近では美容師の間でも話題に上がっているほどその性能とセンスはなかなかみたいです。
美容師にダイソンドライヤーってどうよ?(業務用ヘアドライヤー比較)

スポンサーリンク

なぜ、ダイソンのドライヤーなのか?

一言で言えば

ドライヤー界で流行っているから

彼女へのプレゼントとして考えると「美容師が使っているドライヤー」ほどいいものはありません。

また、ブランド品、例えばGUCCIやTiffanyなんかあるけれど、それらは相手の趣向やセンスに合わせる必要があります。
しかしダイソンのドライヤー「Supersonic」はその機能と値段で、それ自体が独立したブランドとして認識されています。

現にこのSupersonicは通常のドライヤーコーナーに置いてない場合がほとんどでこれ専用の特設コーナーがあるほどです。形や使い方などが他のドライヤーと圧倒的に違うため、普通の日用品とは差別化されているようですね。

ダイソンのドライヤー「Supersonic」の性能


マイナスイオンドライヤー「Dyson Supersonic ギフトセット」(1200W)
HD01ULFIIFPLT アイアン/フューシャ(ピンク)

説明書
価格:48,600円
基本セット(中身):
ヘアードライヤー
スムージングノズル
ディフューザー(カールやパーマ用)
スタイリング コンセントレーター(ブロー用)
収納ストラップ
滑り止めマット

この製品は開発に約95億円の金額を投じて、4年の開発期間を経て完成したそうです。
もちろんその辺のドライヤーよりはるかに高いです。

高価な商品なので、ブランドとしてはランクが高く、適当な相手に手軽にプレゼントできないような感じですね。

特徴は何と言ってもその形状。
本体サイズは245 x 78 x 97mmです。

通常のドライヤーよりもコンパクトで場所を取りません。
エル字形状のものほど保管しにくいものはありませんよね。

操作性


操作はかなりシンプルで直感的。
もちろん静電気を抑えるマイナスイオン実装済み。

①スライド式電源
②コールドショットボタン(プッシュ式の冷風モード切替ボタン)
③3段階の風速切替ボタン
④4段階の風温切替ボタン

裏はこんな感じです。

風量が強い強いと有名なドライヤーですが、これらのスイッチでそよ風程度の風量にも設定できます。
設定すると、ライトのアイコンで現在の段階を表示。

付属のアタッチメントはマグネットで簡単に脱着可能。
この辺はアップル製品のiMacの電源に似た構造になってますね。

不器用な彼女でもかなり使いやすいと思います笑

電源はこんな感じ。
コードは全長1.9m。

エアーの供給口は手元の部分を外して簡単にメンテナンスできます。
実用性も抜群です。

Supersonicを使ってみた感想

最高風量は本当に大型ブロアーのそれ。

これで乾かないはずがないっていうくらいの勢いです。

だからと言ってひたすら風量が強いわけではなく、調節で瞬時にふわふわの風量にできます。
温風は思ったほど温度が上がらないようですね。この辺はちょっと強めのドライヤーには負けるかと。

なんでもインテリジェント・ヒートコントロール機能というものが最適温度を保って、過度の熱による髪のダメージを防ぐそうです。

ブロアーを止めると「シュッ」と一瞬で止まります。美容師っぽくてかっこいいです笑

操作性はやはり簡単の一言。
まあ、こればっかりは使ってみないとわからないです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク