【Apple】来年末にiTunes Storeでの音楽ダウンロード販売を終了か

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

情報によると、Appleは2019年の早い段階で、iTunes Storeから音楽ダウンロードの完全な段階的廃止を予定しているそうで、ストリーミング配信サービス「Apple Music」へ一本化させるという見方が浮上しています。

Ddigitalmusicnewsより

Apple Music(アップルミュージック)とは、Appleが提供する定額制(個人980円、ファミリープラン1200円)の音楽聴き放題サービスのことです。

数百万曲の音楽に自由にアクセスでき、気に入った曲を自分のライブラリやプレイリストに追加、オフラインで楽しめるよう端末にダウンロードできます。
ちなみに現在のApple Musicを利用するには、「iTunes、iPhone、iPad、iPod touch」のiCloud ミュージックライブラリをオンにする必要があります。

一部の話によると、ユーザーがiTunesでダウンロード購入したコンテンツは、ちゃんとApple Musicに移行されるそうです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク