口内炎の対処方法と再発防止策を真剣に考える会

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

こないだ、唇のひび割れと口内炎のコンボをくらいました。
ちょうど同じようなところにあってめちゃくちゃ痛かったです・・・

ひび割れはまあいいとして、この口内炎

内頬をちょっとでも噛むとすぐできちゃうんですよね。
ただ、僕ももう長年口内炎と付き合っているので、ある程度の対策方法は知っています。

今回は数ある対策の中でも効果があった方法と、再発防止のための方法を紹介します。
※あくまで個人目線での方法なので、もちろん個人差はあります。
※主に噛んだときにできる口内炎に関しての情報になります。

スポンサーリンク

口内炎の原因

①偏食による鉄分やビタミンの不足
②ストレスや睡眠不足
③不正咬合や、歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激(口内を噛むなど)
④唾液の不足、口腔の乾燥
⑤口腔内の不衛生、プラーク(入れ歯かす)の付着した入れ歯の装着
wikiより

個人的には圧倒的に③「噛む」ことによる発症が多い気がします。

むしろそれで発症しなかったことがほとんどないです。

それ以外では正直ほとんど経験はなく、覚えていませんね。

あと、よくビタミン鉄分の不足によるものっていう話は聞きますが、逆にそれを補って口内炎になりにくくなった

って話はあんまり聞いたことがないです。

というか実感無いですよね。それ。

また、口腔内の衛生状態にも影響します。
これは言わなくてもわかると思いますが、雑菌が増えればそりゃ傷口は悪化するのは当たり前です。

口内炎は治るのにどのくらいかかる?

調べた結果、通常は1〜2週間程度で自然に完治するとのことです(wikiでは一週間程度と表記)。

ちなみに僕の場合は一週間程度ですね。
この辺に関しては下のサイトで詳しく書いてあります。
口内炎はどのぐらいで治る?完治までの過程を知りたい!

ウイルス性口内炎
カタル性口内炎
カンジダ性口内炎
など、結構種類があるようですね。

ただし、同じ場所を何度も噛むともちろん長引きます・・・

口内炎の痛みを和らげる方法

口内炎ができた後にビタミンを撮りまくっても意味ないですよね。

ここで方法は二つに絞られます。

痛みを取る
早く治す

でも結局何が一番問題かって「痛いこと」
これです。

別に普通の口内炎(普通のなら)はほっとけば勝手に治りますし。
正直痛みをなんとかして欲しいんですよね。
それで散々なんとかできそうな薬を探した結果、

痛みを抑える薬を発見。

この「デンタルクリーム」っていう塗り薬です。

これ、何がいいかって、鎮痛効果がすごい効く。
これ塗ると、摩擦や歯が当たった時の痛みが大幅に軽減されます(個人差はあると思います)。

ぶっちゃけ、炎症を抑える薬は数あれど、痛みを抑える薬はほとんど売ってません。

もちろん個人差はあるんでしょうが、僕の場合はこれの鎮痛効果で、食事などの日常の生活に支障を出さずに済みました。

また、一度塗ってしまうと、多少何か食べた程度でも取れることがなかったので付着性は高いものと思われます。
(さすがに飲み物とかカレーとか食べるときついかもしれませんが)

口内炎を早く治す方法

他のサイトにも書かれていることですが、

口腔(口の中)を綺麗な状態にしておく

これに尽きます。

歯磨きはもちろん、歯に挟まった汚れも糸ようじなどでこまめに取りましょう。
また、口の中が乾いていると、雑菌が発生する原因になるらしいので、こまめに水分補給する方法も考えます。

傷口にばい菌が入ると、当たりまえですが治りが遅くなります。

口内炎を防止する方法

ネット上には
生活リズムを整える
ビタミンを取る
口腔を清潔に保つ
などがありますが、

個人的に一番効果的な方法は

食事中に喋らない
焦って食事しない

これ。

考えてみると、口の中を噛むタイミングの大半は食事中。

黙って普通に食事すれば、まず普通は噛むことも少ないでしょうし、そうなれば勝手に口内炎ができない限り対策できるんじゃないかと。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク