COMSAトークン(CMS)がZaifに上場

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

12月4日に予定通りCOMSAがZaif取引所に上場、取扱い開始となりました。
18時の上場したそうですが、直後はサーバーダウンで混乱したとのこと。

現在は下落気味です・・・。

スポンサーリンク

COMSAとは

公式サイトはcomsaです。
コムサに関しての詳細は下の記事で紹介してます。

テックビューロが資金調達向けICO「COMSA」発表
テックビューロは8月3日、仮想通貨を使った資金調達向けICO(Initial Coin Offering)ソリューション「COMSA」を発表...

簡単に言うと日本初の、企業のICOによる資金調達支援のシステムです。
今は、世界中で自由に仮想通貨のICOが行われていますが、日本ではICOも含めて仮想通貨の規制がきびしくなってきています。
最近では登録業者しか仮想通貨取引所を国内で運営できないような仕組みもできていますし。

金融庁による日本での仮想通貨取引所の登録状況をまとめてみた
来年4月に施行予定の改正資金決済法で仮想通貨取引所に登録制を導入されました。 それの措置として、仮想通貨交換業者登録をしなければ、基本的に...

そんな中で、国内でも正式にICOを実施できるような環境を整えられるサービスを提供しようとしているのがこの「Comsa」です。

その他、既存技術のトークン化、mijinプライベートブロックチェーンとの連携など、様々な技術を提供するみたいです。

COMSAの購入方法と売り方

現在はZaifの「COMSA」から二種類の方法で買うことができるます。

CMS:ETH・・・イーサリアムベースのERC20トークン
CMS:XEM・・・NEMベースのMosaicトークン

ちょっと特殊ですね。
プラットフォーム別に同一トークンを作っているということでしょうかね。

ちなみにICOとかですでに持っている人は、CMSトークンの受け取りに関して
Zaifのアカウント
MyEtherWallet(Ethereum専用ウォレット)
Nano wallet(NEM専用ウォレット)
などが必要です。

COMSAの将来性

上場直後はCMS:XEMで180円まで上昇してますが、その後はずっと下落してますね。

そもそもICOは無制限でトークンを買うことができたので、プレミア性は無いに等しいんですが、その後は増えることが無いので、下がりきった後からどうなるかが気になります。

上場とは言っても現時点では海外で取り扱われているわけではないですし、同じ会社の取引所に出しているので、個人的には上場とは認めていないんですが、仮想通貨が活発な日本で初の試みということなので期待はしています。

CMS:ETHとCMS:XEM、どっちを買うべきか

これは将来性を考えると、現時点ではCMS:ETHかと。

ベースとなっている通貨の普及率が違います。

イーサリアムに関しては、それをベースにしているERC20トークンがすでに数多く存在するので、使いやすさは上だろうと思ってます。

あくまで個人的な意見ですが。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク