ベネズエラが仮想通貨「ペトロカレンシー」を導入

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ベネズエラの通貨ボリバルが急落する中、マドゥロ大統領は経済低迷から脱却する方法の一つとして、石油や天然ガス、金、ダイヤモンドの準備を裏付けとした仮想通貨「ペトロカレンシー(Petro)」を導入する方針を表明しました。

Petroとは、国内の石油、天然ガス、金、ダイヤモンドなどの資源によって保証される仮想通貨で、その価値は国内にあるそれらの価値と同等な状態で存在します。

こういったタイプのものは日本でも似たようなタイプが導入されています。

ハウステンボスが仮想通貨業界に参入か ~「テンボスコイン」導入
ハウステンボスは11月初め、独自の電子通貨「テンボスコイン」を使った決済システムの実証実験を始めると発表。 実験は従業員のみ約1,300名...

この導入の背景には、激しいインフレや外貨不足、米国による経済制裁などが影響しているそうです。

これに関して、マドゥロ氏は国営テレビで仮想通貨が「経済封鎖」を克服する役立つだろうと述べました。

“Venezuela will create a…cryptocurrency to advance monetary sovereignty, as it will help to overcome the financial blockade and thus move towards new forms of international financing for the economic and social development of the country.”
ベネズエラは、金融封鎖を克服し、国の経済社会開発のための新しい資金調達に向かうのに役立つように、通貨主権を進めるために暗号通貨を作り出す

coindeskより

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク