仕組みがいまいち分からない人へ〜 ビットコインとは

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

このサイトではかなり前からビットコイン関連の記事を書いてますけど、改めて見るとビットコインそのものに関しての情報がイマイチだったので、今回はこの仮想通貨の代表格であるBitcoin(ビットコイン:BTC)についてわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ビットコインとは?

最近、ビットコインの価格が1コインあたり70万円を突破しました。
僕が扱い始めた時は8万円だったので、9倍の価値まで上がってますね。

さて、
このビットコインなんですが、簡単に言えば現実に存在しないコンピュータ上の通貨、つまりデジタル通貨です。

こう聞くとかなーり危険な気がしますが、実際のところ今銀行に貯金しているお金も同様にコンピュータによって管理されてデジタル化されてます。
そうでないと、銀行ATMなどは常に客のお金をたんまり溜め込んでいないといけなくなるので、返ってリスクと負担がかかるからです。
(ちなみに現実のATMの中には2〜3千万ほどは入っているらしいです。)

そんなわけで別にデジタルだからと言って特に珍しい技術ではないのです。

それよりも、この仮想通貨が注目されているわけは、

ビットコインを管理する人が決められていない

国籍のない通貨

ここです。

この辺を詳しく説明していきます。

仕組み

重要な要素をなるべくわかりやすく説明します。

ブロックチェーン

管理する人は決められていませんが、管理できる仕組みは作られています。
そのシステムの最も重要な部分が、このブロックチェーンと呼ばれる技術。

はい、ちょっと、ここからは技術的な話になります。

ブロックチェーンは

取引のデータ = トランザクション
トランザクションの塊 = ブロック
ブロックのつながり = チェーン

超簡単にいうと、これらの構成でできています。

で、

このブロック内部の情報は、ハッシュとかいう暗号で直前のブロックと関連付けられていて、最前列のブロックを書き換えるには直前のブロックから書き換えないといけないらしいです。

さらに言えば、直前のデータも同じく、そのさらにその前にあるデータを書き換えないとダメなので、実質一個のデータを書き換えるには、理論上それ以前のデータを全部破棄しないといけないらしいです。

この辺は専門家ではないのであんまり詳しくはないですが、簡単に言うと、

一度、書き込まれた取引情報はもう二度と変更できない

そう解釈すれば良いかと。

こんな感じで、取引時のシステムはありますが、じゃあそのシステムを誰が稼働させているのか?
それが次の項目にあるマイニングという作業に関わってきます。

マイニング

マイニングは簡単に言うと、取引をブロックのデータに書き込む作業のことです。
この作業をやっている人は、マイナーって呼ばれていて、実質ビットコインの管理者になります。

で、

この管理者は誰でもなれます(一応)。

ここが従来の通貨との違いです。

今ある普通の通貨は銀行が管理していますが、ビットコインやその他の仮想通貨(暗号通貨)はこのマイナーが世界中で管理しています。

それで、もちろんこの作業はボランティアとかではなく、マイニング作業の報酬として、仮想通貨が少しだけもらえる仕組みになってます。
※具体的には、マイニングすると若干枚数新規に発行されて、それをもらえる仕組み

ただ、ビットコインのマイニングは今や世界中の人々が多く参入していて、今からやろうと思ったら、それはもうかなりの高性能PCと時間がかかるらしいですが。

ちなみにこのマイニング作業は一種のゲームのような感じ(人力ではできないが)です。
ブロック同士をつなげるためのナンス(パスワード的なやつ)というものを、膨大な取引データから探し出してくっつけることで、取引を承認させます。

この承認方法は専門的に言うとPoW(プルーフ・オブ・ワーク)と呼ばれます。

分散管理

こうやって複数の人がマイニングしながらビットコインを管理するわけですが、ここで間違ったデータが送られてくると、ナンスが一致しない状態に陥ります。

それを世界中の人が確認して、もし過半数の人々が承認するのであればそのまま間違ったデータは書き込まれます(俗に言う51%攻撃)が、そういったことは起きにくいという考え方でこのシステムが成り立ってます。

承認作業は多数決です。

つまりは一箇所が管理するというわけではなく、分散的な管理方法になります。
さらに言えば、ブロックチェーンの情報はすべての人々が見られるようになってます。

もし、見たい人はblockchainリンクで見てみてください。

メリット

ビットコインには通常の通貨にはないメリットがあります。

非中央集権

一番のメリットは
国に依存しないこと
これじゃないでしょうか。

例えば、海外のサイトで買い物をする場合でも、わざわざその国の通貨に合わせる必要がなく、両替とかもしないでいいです。
海外製のものをビットコインで購入することができれば、こんなに楽な話はないですよね(物流の問題は置いといて)。

後よく言われているのが、国の情勢や銀行の状態に左右されないとか。
どっか一箇所のいざこざで通貨の値段が変わるのは厄介ですしね。

P2P

中央管理がされてないので、ビットコインの取引をする際は直接的にデータを送受信する形になります。

そのため、サーバーなどの中央管理があるものに起きるトラブルで取引に影響が出ることもありませんし、仕組みがシンプルになるので、送受信が手軽にできます。

この仕組みを一般的にPeer to Peer(ピア・ツー・ピア)、訳してP2Pと言います。

ちなみに、この仕組み自体は仮想通貨独自のシステムではなく、インターネット電話で有名な「Skype」なんかもこれを使ってます。

実際、ビットコインを送る際は、相手が持っているビットコインアドレスを入力して送信するだけで完了します。

投資(投機)

仮想通貨にはストップ高(1日の振れ幅制限)とかはありません。
上がれば止まるまで上がり続けます。

これはビットコインに限らず、他の仮想通貨も同じことで、半年で40倍くらいになった通貨も存在します。
1000万円入れておけば、4億円になっていたということで、あながち「億万長者が続出」っていうのも誇張しているわけではないようです。

また、ビットコインは発行枚数の上限が2100万枚(20,999,999.9769BTC)と決まっています。
法定通貨のようにその都度調整するということはありません。

現在は1600万枚ほど出回っていて、今後2140年ごろには最大数に達すると言われています。

そう考えると、ビットコインそのものの価値は今後上がり続けることになりますが、今後どう動くかは全くわからないので、安易に考えないほうがいいでしょうね。

デメリット

散々メリットを話してきましたが、もちろんデメリットもあります。

価値が急変する

よくニュースでも言われているように頻繁に価格が急変します。
日に5~10%はザラです。

そういうものを日常の通貨として扱うにはちょっと危険すぎますね。
そういうこともあってか、まだまだこのビットコインを採用している企業はなかなかどうも少ないです。

また、先ほどメリットで投機的な話をしましたが、大きく儲かるなら、大きく損失することもありうるということも認識できます。

法律が完全じゃない

最近になって「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」というもので、2017年4月に「仮想通貨法」という法律が施行されました。

その後の改定で
①「仮想通貨交換業者」認定取引所のみが国内で運営可(2017年4月1日より)
②消費税が非課税(2017年7月1日より)
③ビットコイン取引で得た利益は、「雑所得」として税金の対象となる(2017年9月7日より)

など、だんだんと法の整備は行き届いていますが、まだまだ法定通貨と比べると完全ではありませんし、ビットコイン以外の仮想通貨「アルトコイン」についてはまだ法の整備が行き届いていません。

今後、仮想通貨のICOなど、どんどんと日本でも整備されていくでしょうが、今の段階では完全に安全な通貨(商品)としては認識されてないでしょう。

責任が重い

メリットで送金が簡単だと説明しましたが、その分間違えた時は全部自分の責任になってきます。

ビットコインアドレスを間違えた場合、基本的には間違えて送信したビットコインはもう戻ってこないと思ってもらって良いと思います。

僕も一度間違えて何十万か送信したことがあって、かなり焦った記憶があります。
(その時は結局戻ってきましたが)

こんな感じで国の補償がないので、この辺は完全に自己責任で行うことになると思います。

購入方法

仮想通貨は通貨っていてますが、実際どちらかというと株のような扱い方になってきます。
法定通貨のように銀行で両替とかはできないので、欲しい場合はどっかの「仮想通貨取引所」に登録してから買う形になります。

例えば、国内取引所「bitFlyer」に登録して、そこでビットコインを買ったりできます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

登録方法は下のリンク先のサイトを参考にしてください。
bitflyer(ビットフライヤー)口座(アカウント)開設方法

基本的な流れは
①取引所サイトに登録
②アカウントレベル(身分確認)を入出金できるレベルまで上げる
③売買所、または専用取引画面からビットコインを購入

この流れは海外問わずどこの取引所でも大体共通です。

取引所を探したい人はここでも紹介しているので参考にしてください。

アルトコイン(草コイン)を買えるオススメの取引所比較
仮想通貨を取り扱う取引所は数多くあれど、ビットコイン以外のアルトコイン(または草コイン)を豊富に取り扱っている仮想通貨の取引所は今の日本にお...

注意すべきはアカウントレベルとかいうシステム。

これは免許証なんかで身分を証明することで、取引所で行えることが増えます。
逆にこれを怠ると、「取引はできるけど、出金が少ししかできない」なんてこともありえます。

海外取引所で、
「出金できない騙された」とか言っている人は大抵こういうレベルによる制限が原因だったりします。

ビットコインの税金は

以下のサイトに詳細が解説されています。
ビットコインの税金を詳しく解説

①ビットコインは現金に換えた時点で、雑取得として税金を払う必要があります。
②ビットコインをそれ以外の仮想通貨、アルトコインなどに変えてもそれに対しては税金はかかりません。

法定通貨にした場合にのみ課税されるようです。
(2017年10月時点)

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク