仮想通貨の資金調達ICO(クラウドセール)のオススメする選び方

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

仮想通貨(暗号通貨)界ではICOが山ほど出ていますね。
今回はそのICOの一覧を探して、
情報を取得する方法
効率良い選び方
などを紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨のICO(クラウドセール)とは

企業が新しく作ったプロジェクトを一般に公開するとき、資金集めの一環としてそのプロジェクトに関連した仮想通貨(暗号通貨)、またはトークンを作って、格安で売りに出します。

これを一般的にはICO(クラウドセール)って言います。

ようは生まれたばかりの仮想通貨の一番最初の配布です。

よく株式のIPOと比較されますが、
こちらは証券会社などを通さずに、直接自分たちの運営サイトで個人に売り出しますので、購入する際の敷居はかなり低いです、
話によると、従来のIPOより10倍ほど安くなるとのこと。

仮想通貨の上場

こっからが一番重要なことなんですが、
これらのICOで買った仮想通貨は

基本的に、取引所に上場しないと元が取れないし、利益が出ないです。

上場っていうのは、ICOセールで買った仮想通貨が、どっかの仮想通貨取引所で扱いが開始されること。

実際ほとんどの仮想通貨は

なかなか上場しない
すごいマイナーな海外取引所に上場する

こうなります。

ICOが開始された最初こそ、「買えば儲かる」感があったんですが、今はもう結構な飽和状態。
買ってもなかなか上場しないし、価値も上がらないのが現実です。

個人的な感覚としては
10個参加したら1個の仮想通貨は何倍かになる
そんな感じかと。

メリット

インターネット上で簡単に募集をかけられるので、余計な出費がありません。
ほぼすべてがネット上で完結できます。

一方参加する側は、基本的にはICO特設サイトに行って、メール登録後に指定のアドレスに仮想通貨で入金するだけで参加できます。
基本的には入金すればその分の仮想通貨を手に入れることができますが、そのタイミングはそのプロジェクトによって様々です。

誰もが簡単に参加でき、うまくいけば、

買った通貨が何十倍という価格で返ってきます。

デメリット

手軽に参加できるということはその分、いろんなリスクも高くなります。

今、仮想通貨界で最も多く注意喚起されているのが

ICO詐欺

①新規ですでにあるICOに似つかせた偽装メールをユーザーに送り、そのから別サイトに誘導、もしくは詐欺側のアドレスに入金させる手口

②新規ICOそのものが詐欺

その他、ICOの名を語ったメールでフィッシングサイトへの誘導など、このICOブームに乗っかるように様々な詐欺行為が横行しています。
しかし、ICOに関してはまだ全くと言っていいほど法律規制がありません。

なので、このICOに関しては完全に自己責任での投資になります。

オススメのICOのカレンダー、スケジュール

国内、海外で行われる暗号通貨の資金調達ICOの案件、予定リスト‎の情報です。

クリプトコインポータル ICOスケジュール

cryptocoinportal

数少ない日本語対応のICOスケジュールサイトです。
項目をクリックすると、翻訳した詳細も見られます。

これを見ると、いかに今のICOが多いかがよくわかりますね。
どんだけあるの笑って感じです。

ICO Countdown

ICO Countdown
ICO界では最も有名な、セール開始のスケジュールを提供しているサイトです。

セール開始までの時間がカウントダウンで表示されます。
なお、「通貨名-OPEN」となっている場合は、セールがすでに開始されていて終了までのカウントダウンが表示されます。

赤色表示のICOはもうすぐ定員オーバーになることを表しています。

TokenMarket

tokenmarket

ICOとトークンセールの開始日と終了日がリストで表示されます。
Now:セール中
Upcoming:セール予定
Past:セール終了

結構マイナーなものもありますので、選ぶ際は他の情報を見回って吟味する必要があります。

The Best Cryptocurrency Token Sales and ICO List

coinschedule

色別にオススメのICOを表記しています。
ゴールド:オススメ
シルバー:まあまあ
ホワイト:普通

かなりの種類がありますが、もちろん全部が全部安全なICOとは限りません。
また、オススメだからといって買えばかならず上がるわけでもないので、こっちも慎重に選ぶ必要があります。

オススメのICO案件を評価するサイトの紹介

ICO案件を数字で評価するサイトもあります。
こういうものは複数を見て回って、総合的に判断するのが一番です。

ICOrating

ICOrating

個人的にオススメのサイト。
下に評価基準をおいときます。

①HYPE-SCORE
スコアが高いほど、プロジェクトに関心を持つ人が増え、投資を誘発する可能性が高くなります。
世間的な注目度の高さです。
②RISK-SCORE
スコアが低いほど、詐欺のリスクは低くなります。したがって、投資家の信頼が強くなります。
危険性の高さです。
③INVESTMENT POTENTIAL
投資潜在力は、その長所と短所の記述を含む、プロジェクトの長期投資評価に使用されます。
投資価値の高さ
④IN-DEPTH RATING
プロジェクトの深い分析であり、短期的および長期的に投資家を誘致する能力を評価するために実行され、独自の格付けで評価します。
POSITIVE:評価が高い
STABLE+:普通
RISKY+:リスクが高い
NOT ASSIGNED:不明

①〜③は
VERY HIGH 〜 VERY LOW の五段階評価です。

ただ、確実な保証はないので、やっぱり複数のサイトを見て回るのが一番いいです。

ICO TRACKER

icotracker

最高100で評価してます。
評価の基準はよくわかりません。

詐欺サイトはSCAM!って表示が出るようですね。

ICO(クラウドセール)案件の選び方

①上記のサイトを参考にして評価が高いものを選びます。

②選定したら、ICOサイトに入って詳細を見ます。
※この際、Google和訳ツールを使うと、効率よく情報が収集できます。

③ICOの仮想通貨名で検索して他の人の評価を見ることもオススメです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク