格安仮想通貨Verge(ヴァージ)がじわじわと値を上げてきている? 特徴や将来性、チャートなど

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

仮想通貨によっては数年前から激安で存在しているものがありますが、最近の仮想通貨ブームで一気に知名度を上げてきているものもあります。
その中でも、未だ大きな変化はないものの、周りの通貨の値段上昇に合わせて、ゆっくりとその価値を上げ続けている通貨があります。

その一つがこの仮想通貨Verge(ヴァージ)。

今回はこの1円以下の激安暗号通貨についてちょっと見てみます。

スポンサーリンク

仮想通貨Verge(ヴァージ)の基本情報

通貨名(通貨単位):Verge(XVG)
最大供給量:16,555,000,000 XVG
システム(アルゴリズム):Proof of Work(Scrypt・x17・groestl・blake2s・lyra2rev2)
ブロックタイム:0.5分
公開日:2014年10月9日
公式:vergecurrency

Vergeとは、プライバシー重視の人向けの分散化された暗号通貨です。プライバシーのために複数匿名ネットワーク、TORやi2Pなど採用しています。そして安全性を支えるとマイナーにコインの公平な分配を確保するために、5つのアルゴリズムを採用しています。

仮想通貨ランキングは現在(2017年10月時点)、72位
価格は1XVG=約0.6円程度です。

Verge(ヴァージ)のPoWアルゴリズム

この通貨のアルゴリズム(PoW)は全部で5つ。
Script・・・Litecoinで使用されている
x17
groestl・・・Groestlcoin(グロイストルコイン)で使用されている
blake2s
lyra2rev2・・・Monacoinで使用されている

アルゴリズムとは簡単に言うと、管理の方法を表しているんですが、これだけ数が多いとその分管理上のセキュリティも高くなります。
また、Vergeをマイニングできる人やデバイスの範囲が広がり、誰もがVergeの均等な配布を保証されます。

匿名ネットワークとは

この仮想通貨は複数の匿名性ネットワークを使用しています。
これらのネットワークを使うことで、通貨取引の身元を匿名化することが可能になるそうです。

ちなみに、このネットワークの接続はプライベート版と通常版に切り替えが可能です。

I2P(The Invisible Internet Project: 「不可視インターネットプロジェクト」)とは

コンピュータネットワークによる通信の始点と終点を匿名化し、さらに端点間の通信内容も暗号化するという方法で匿名化されたネットワークを構成するソフトウェアのこと。

これを使うと、IPアドレスを公開する事なくWWWサーバやIRCサーバを提供する事が可能になり、利用者側もIPアドレスを秘匿してサービスを受ける事ができるらしい。

Tor(トーア:The Onion Router)とは

IPアドレスなどの情報を一切残さずに完全に匿名で通信を行えるシステム。
仕組みとしては、コンピューターから特定のウェブページなどの目的地までの通信経路に、他のコンピューターなどの中継地点を追加するというものです。

通信の途中に多くのリレーを経由させ、後を残さないようにすることで視覚的に経路を立って、アクセス経路の出口以外は全て暗号化しているそうです。

Simple Payment Verification(SPV)技術

独自の超高速トランザクション技術を採用。
取引のスピードは他のコインに比べて非常に高速で、平均取引確認時間が約5秒に短縮されるそうです。

Rootstock(RSK:ルートストック)技術の採用

イーサリアムなどで知られるスマートコントラクト機能をVergeネットワークに移植するらしいです。
RSK自体は、ビットコインにスマートコントラクトを実装するために開発されたもので、独自のトークンを持たない独立したブロックチェーンでです。
既存のトークン(Vergeなど)に依存する技術だそうです。

その他の機能

即時支払いのためのオフ・チェーン・プロトコルというものも導入されているとのこと。

その他、P2P技術によってTelegram、Discord、TwitterなどのSNS上で送金が可能になるとのこと。

仮想通貨Verge(ヴァージ)の将来性は

匿名性の通貨は
DASH
Monero
など、他にもあり、いずれも急激に上昇しています。

そういう一面を見ると、今後この暗号通貨も同じく上昇の方向に進みそうではありますね。
ただし、通貨の発行枚数自体は多いので、高騰したとしてもリップルのような価格帯になるでしょうが。

でもまあ、このVerge、数年前から数多くの取引所で扱われているにもかかわらず、依然としてランキング下位を維持しているところが、なんだか不気味ですが、今後の仮想通貨のバブル時代に合わせてそれとなく上がっていくのかもしれないですね。

仮想通貨Verge(ヴァージ)の購入方法

現在(2017年10月時点)この通貨を購入できる取引所は
bittrex
binance
cryptopia
など、有名どころで扱われています。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

関連情報

合わせて読みたい

あわせて読みたい




スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク