頑張ってAmbrosiasのICOに参加してみた

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

普段からちまちまと、興味のあるICOに参加しているんですが、今回登場したAmbrosiasのICOの参加方法がなかなか手ごわかったので、ちょっとここで紹介してみます。

なお、手探りの部分があるので、もしかすると、若干内容に間違いがあるかもしれませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

AmbrosusのICO基本情報

プロジェクト名:Ambrosus
通貨:Amber(AMB)
カテゴリー:食品、医療関係
総発行数:10,000,000
発行単価:0.001ETH
運営会社:Ambrosus Technologies(スイス)
ICO期間:2017年9月13日 21:00~2017年10月11日 21:00(日本時間)
プラットフォーム:Ethereum

AmbrosusのICOの参加方法

いつもやってるICOとちょっと違ってなんかいろいろ複雑だったので、まとめてみました。

メール登録する

まずはメール登録をします。
画面の「Get Verified」ってとこにメールを登録します。

そしたら登録したメールボックスに自動返答が送られてきます。

僕の場合は、最初にサイトで登録して普通に買おうとしたら、下の画面が出てきました。なんか、「KYC-certified」ってのに登録されてないとダメみたいですね。

メールにて
「Hello, Please tell me how to purchase a token.
What is KYC-certified?」
てな感じで詳細を求めたところ、下の文章が送られてきました。

証明書を送る

しばらくすると、メールで

Thank you for requesting Ambrosus KYC procedure. The information is below.

We require from you the following information to go through the KYC process:

1) Identification Document (Accepted Documents: Passport, National ID, Driving Licence) – Please ensure that the scan of the ID is high quality. For plastic cards we need both sides of the document. Kindly use the documents that contain Latin Characters.

2) Proof of Residence (Accepted Documents: Electricity Bill, Bank Statement, Phone Bill, Certificate of Registration). The document must be less than 3 months old. Kindly use the documents that contain Latin Characters.

3) Your Ethereum Wallet Number. (Accepted Wallets: Parity, Metamask, Mist, MEW, Imtoken). Please note that by providing your documents and the Ethereum Wallet number you expressly confirm that you are the owner of the wallet. The documents coupled with your wallet number will serve to certify your ownership. Please do not use wallets from providers not listed above. Do not use exchanges.

ってな感じで返答が来るはずです。

1)身分証明書(パスポート、ナショナルID、運転免許証)
画質はもちろん硬いほうがいいです。
免許書は表裏の両面を撮影して、JPEGとかで保存。

2)在留証明書(受理した書類:電気代、銀行届出書、電話代、登録証明書)
書類は3カ月未満でないといけないらしい。僕はクレジットカードの請求書の自分の住所欄を撮影して保存。

3)Ethereum Wallet address(可能なWallet:パリティ、メタマスク、ミスト、MEW、Imtoken)
もちろん取引所からの直接送信は禁止。
説明欄にはあの有名なMY ETHER WALLETが入ってなかったので、メタマスクを選択しました。
それでメタマスクのアドレスをコピー。
※メタマスクについてはイーサリアムの超便利ウォレットMetamask(メタマスク)の使い方についてをみてください。
実際の送金受信は「Buy」「Send」がそれにあたるみたいです。それでうまくいったので。

以上の3つをメールに乗せて、katerina@ambrosus.com(これは各自自己責任で確認してください。)に送信します。

Ambrosus公式サイトで購入する

返答がきたら、公式サイトで購入できるはずです。

画面の「Get Amber」で指示通りに進んでいきます。
この時のアドレスはちゃんと最初にメールで送ったアドレスを使ってくださいね。

一応これでAmbrosusトークンは手に入れられるはずです。

Ambrosusトークンの所持数の確認方法は?

今現在(2017年9月)は公式の特設サイトでの確認しかできないようです。
checker.ambrosus

枠内に使用したアドレスを入力すると、所持枚数が表示されます。

Ambrosusの将来性

詳しく記載されているサイトを貼っておきます。
仮想通貨 Ambrosus :ICO

トークン自体は正直使い道がよくわからなかったです・・・
一応下に公式の文章を。
Ambrosusネットワークをサポートするのは、AmberというERC-20準拠のトークンです。アンバーは最初のデータボンディングトークンです。品目がサプライチェーンを通過して製造プロセスで変換されると、特定のバッチに割り当てられたアンバーバランスを分割し、複数の他の測定スマートコントラクトにマージすることができます。アンバートークンは読み取り値と共にネットワークに送信され、バッチがサプライチェーンを通じて移動を完了するまで測定スマートコントラクトにロックされたままになります。
アンバートークンは、定義された期限まで、またはサプライチェーン上の購入、納品、その他のイベントによって定義される「終了イベント」まで、製品に結合されたままです。
最終消費者は、サイクルの最後にトークンを要求することができます。このようにして、トークンをリサイクルして生態系に戻すことができます。リサイクルトークンによって得られた価値は、消費者がアンブロサストラッキング製品を購入するよう促します。このサイクルはまた、無料で受け取ったプロデューサーに利益をもたらします。
公式直訳。

企業用の仕様になっているみたいですね。

いろんなICOの評価サイトを見て回ったんですが、いずれも好評価でした。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク