テックビューロが資金調達向けICO「COMSA」発表

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

テックビューロは8月3日、仮想通貨を使った資金調達向けICO(Initial Coin Offering)ソリューション「COMSA」を発表しました。
ICOは株式投資でいうIPOの仮想通貨版。

ICOは、企業、団体が独自の仮想通貨(トークン)を発行して、それをユーザーが購入することで資金を調達する手法です。
ほぼすべての過程がネット上で簡潔に完了して、それで一気に莫大な資金を集められることから、このブロックチェーンの世界ではかなり有名なものになってきています。

この「COMSA」プロジェクトは、企業経済とパブリックブロックチェーンとの架け橋となることを目的としている。

「COMSA」では、企業の資金調達手段としてICOを提案して、その際に起こる法律や技術、会計上の問題などをサポートするそうです。

仮想通貨ってまだまだ法律的に未完成な部分があって、仮想通貨自体の値段の振れ幅も安定してません。そういった様々な問題があることから、なかなか企業側にブロックチェーンの技術が受け入れられないのが現実です。

そこで、COMSAが企業とブロックチェーンの架け橋となるべく、ICO参入のコンサルティングを行うということらしいです。
また、その際に誕生したトークン(株式)をZaif取引所で上場できるとのこと。

企業にブロックチェーン技術の提案をするわけですね。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク