からし豆腐にハマった話

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ついこないだまで日本酒熱燗にハマっていた僕ですが、最近はもっぱらビール。
冷酒でもいいんですけど、やっぱり暑い夏にはビールが一番ハマります。

それで、じゃあこの時期の酒のつまみって何ってなると、当然ここでおでんっていう人の割合は少ないですよね笑

やっぱり冷奴とか。さっぱり系が僕は好みです。

その中でも、今僕がハマっているのが岐阜で見つけた「からし豆腐」っていうものです。


地元九州では一度も見かけたことがないんですけど、岐阜では普通にスーパーで売られてます。(値段は普通の豆腐に毛が生えた程度)
ただ、コンビニなんかに置いてないところを見ると、この辺の料理なんだろ〜なーって思いますけど。

見た目は、ドーム型をした豆腐に青のり?が気持ち程度かかってる状態です。
豆腐自体はかなり硬め(木綿豆腐)で、表面は若干デコボコしてます。
この豆腐、これだけ見るとただの豆腐のような感じですが、中を切り開けると、

そこにはなんとからしの塊が入ってます。

最初見たときは、どこにからしの要素があるのか?
実際に食べてみるまでわかりませんでしたね。

ちなみにwikiによると、この料理はやはり岐阜の郷土料理のようです。
wiki/からし豆腐
やっぱり、夏の食べ物だそうです。

あと、この「からし豆腐」は地元のスーパー以外にもその地域の居酒屋でもちょくちょく見かけましたよ。見るからにお酒のつまみにしてくださいって感じですもんね。

スポンサーリンク

からし豆腐の食べ方

からし豆腐の中に入っているからしは量が結構多いので、初めて食べる人は決してそのまま口に放り込まないように笑。

初見では、からしの量が思いの外多いと感じるはずです。

なので、基本的には何等分かに割って、中に押し込まれているからしを自分の好みで脇によけたりたっぷり付けたりして、調節して食べるそうです。

ちなみに味付けは、一般的には醤油をメインにして、ネギ、鰹節などと一緒に食べるらしいです。
醤油にからしを溶かして食べる方法もあるそうですよ。

ただ、僕の場合はまた違って、いつも塩で食べてますけど。

個人的にはそっちの方がお酒に合う気がしてるので、いつもそれですね。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク