仮想通貨のMoneroモネロ(XMR)っていうのは安全なのか?

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

最近になって、アルトコインである仮想通貨のMonroeモネロ(XMR)が急激に値を伸ばしています。よくわかんですけど、何があったんでしょうね。

上のような感じにガバッと値上がりして、一気に目立ち始めたので、そろそろこの仮想通貨のことも勉強してみます。

スポンサーリンク

仮想通貨Monroeモネロ(XMR)の基本情報

誕生日:2014年4月
システム:PoW(Proof of Workプルーフ・オブ・ワーク)
※ビットコインと同じシステムのやつ
コイン発行上限:上限なし18,400,000XMR
通貨単位はXMR

CryptoNightシステムを採用している「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。
ついこないだできたばっかって感じですね。笑
内容は、基本的にはビットコインと同じような感じですが、一つ大きく違うところがあります。
それが匿名性

ワンタイムリング署名

Proof of Workのアルゴリズム(計算方法)として、CryptoNightというものを利用しています。
Moneroモネロは、そのCryptoNightの元になっている匿名性の技術「リング署名」を改良して、「ワンタイムリング署名」という新しい技術を実装しています。

このワンタイムリング署名ではミキシング(混合)とワンタイムキーを組み合わせることにより取引が追跡不可能となります。

つまり何が言いたいかというと、
ビットコインが完全オープンな取引であることに対して、

このワンタイムリング署名での取引は、匿名での取引を可能にする

ということです。

このワンタイムリング署名、仕組みをちょっと調べてみたんですが、元になってるリング署名というもの自体なかなか難しくてあんまり情報がありませんでした。とりあえず、ある情報だけで解釈した結果、

①リング署名は、署名した事実を証明して、かつ誰が署名したかをわからなくさせるシステム。
②これに今流行りのワンタイムキー(すぐ使えなくなるパスワードみたいなやつ)をプラスして、取引の追跡自体をさせないようにしたものがワンタイムリング署名。
③例えば、送金だと、その事実は証明されるけど、元がどこから来たのかがわからないようにできる。

こんな感じだと思います。多分。笑

送り元が誰なのか?

これを隠せるらしいです。

Moneroモネロ(XMR)はなぜ急に上昇したのか?

ネット上でも結構言われていますが、なんでも「AlphaBay」というオンラインマーケットで、この通貨が採用されたことで、一気に値段が上昇した模様。

この「AlphaBay」というのは、一般的にダークマーケットと呼ばれるもので、Tor(トーア)というものを利用して、中を覗くことが可能らしいです。
※Torに関しては「匿名通信システム「Tor」を使うのに知っておくべき7つのこと」で詳しく書いてあります。

この「AlphaBay」「Tor」に関しては結構物騒な話が出てきますが、実際のところ、「Tor」に関しては普通のブラウザと大差ないように感じます。

「AlphaBay」は結構危ういものが売ってたりするようで、まさにアンダーグラウンドとでも言うようなサイトですね。

こういったところで、Moneroモネロが採用されるところだけを見ると、なんか危ない匂いがしますが、

何も「Moneroモネロ」=「AlphaBay」

ということではないはずなので、通貨は通貨として、見るべきかと僕は思います。
英語版としてちゃんとwikiも存在しているので、少なくともその辺のまがい物に比べると、ずっと安全かと。

本当に怪しいものはそもそもwikiもないので。(どことは言いませんが・・・)

もっとも、何にしても、通貨の値が上昇してくれるのであれば、投資する側としては嬉しい限りです。

というわけで、僕としてはまあ、

危険ではない

安全の基準によりますが、完全に安全とは言いません。
それはビットコインも同じようなものです。

Moneroモネロ(XMR)を扱ってる業者はどこ?

あるんですね、ちゃんと。

また紹介することになるんですが、Coincheckというところです。
ここ、万能です。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

今の所、その他で、普通に扱ってるところはちょっとわからないです。笑
英語ばっかりなんで・・・

追記:Monero取り扱いの仮想通貨取引所は現在他にも多数あります。

多種類の仮想通貨、アルトコイン(草コイン)を買える取引所をまとめて紹介
仮想通貨を取り扱う取引所は数多くあれど、ビットコイン以外のアルトコイン(または草コイン)を豊富に取り扱っている仮想通貨の取引所は今の日本にお...

海外の業者も含めて、数多くの選択肢があります。
ちなみに公式サイトは下のページです。

Monero is a digital currency that is secure, private, and untraceable.

まだ英語しか対応してないようです。

その他のアルトコインの解説

その他の仮想通貨の詳細です。

この馬鹿みたいに安い仮想通貨,XEM/NEM(ネム)とはなんなのか
仮想通貨の中でもビットコイン以外の通貨はアルトコインって呼ぶそうです。 そのアルトコインのうち、ripple(リップル)やらlitecoi...
仮想通貨DASH(旧Dirk Coin)コインの内容が、名前負けしてない件
今や、ビットコインを筆頭に、500種類以上ある仮想通貨ですが、その中でもひときわかっこいい?名前の仮想通貨があります。 それがDASH...
ずっとランキング第2位に居座ってる仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」ETHとは一体何?
今まで、あまり触れないようにしていましたが、今回は仮想通貨「Ethereum(イーサリアム)」ETHに関して、勉強していきたいと思います。 ...
仮想通貨Factom(ファクトム)がコソコソ値上がりしているけど、このFactomとは、どんな通貨??
以前、ここの記事で仮想通貨XEM(ネム)の紹介をしましたが、その他にもひっそりと値段を上げている仮想通貨がいくつかあります。 今回は、...
仮想通貨「リップルコイン」とは、なんなのか?
近年、仮想通貨としてビットコインが人気を伸ばしつつありますが、その陰で別の種類の仮想通過「リップルコイン」が密かに認知度を伸ばしています。 ...

随時増やしていきます。


僕が、仮想通貨を始めて200万円達成した時に使ってた取引所。
ビットフライヤー

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク