仮想通貨Factom(ファクトム)がコソコソ値上がりしているけど、このFactomとは、どんな通貨??

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

以前、ここの記事で仮想通貨XEM(ネム)の紹介をしましたが、その他にもひっそりと値段を上げている仮想通貨がいくつかあります。

今回は、その一つである、Factom(ファクトム:FCT)についてちょっと勉強します。

というのも、この仮想通貨、日本ではそんなに有名なものでもないくせに、通貨としては2015年から今までで、なんと価値が20倍以上になってるのです。

こんな感じで、すごい順調な勢いで、値上がりしてます。

それじゃあ恒例のビットコインとの比較、行ってみましょう!笑

スポンサーリンク

仮想通貨Factom(ファクトム:FCT)とは?

まずは公式を見てみます。

ファクトムを使えば、盲目的な信頼をもはや必要としません。ファクトムは、正確で、改変不可能で、第三者が検証可能な、データの記録を提供します。

ファクトムは、ブロックチェーン上に、改変不可能なデータ記録のレイヤーを構築します。ファクトムは、恒久的なタイムスタンプがおされた、データ記録を、ブロックチェーンに埋め込みます。

誰であろうが、ファクトムの記録を変更できる権限を持つ人はいません。なぜなら、ブロックチェーンを基盤として使っているからです。ファクトムは、ビットコインのブロックチェーンに証明を記録することで、ビットコインのネットワークと同等のセキュリティ実現しています。
factom公式

うん、わからないですね。笑

調べていると、中には簡単簡潔に説明しているサイトもありました。
そういうものを見た結果、このファクトム(factom)は一言で言うと、

会社なんかの文書や記録などを、ビットコインのブロックチェーンシステムを利用することで、保護するためにある通貨

ということらしいです。

ブロックチェーンについては以前の記事で意味を説明しています。

ビットコインとは?ブロックチェーンとは? その意味を庶民でもわかりやすく解説
ブロックチェーンといえば、あのビットコインの主軸とも言える重要なシステムです。 ブロックチェーンとは、分散型台帳技術、または、分散型ネット...

仮想通貨Factom(ファクトム:FCT)とビットコインとの違い

えーと、だから、ビットコインという言葉を使って言うと、

このファクトム(factom)は、ビットコインで使われている通貨の管理システムを利用したもの。

ということになります。

この仮想通貨ビットコインの武器である、ブロックチェーンのシステムをそのまま書類とか記録の保護に役立てようという意味らしいです。

そして、このファクトムを使うことで、あらゆる電子データ、契約書などの記録や管理を、第三者の介入をさせずに証明することが可能になってきます。

今は、情報漏えいを防ぐためにあらゆる手段(別の機関の利用など)と大量の資金を投入して対策していますが、ファクトムを利用することで、そういうコスト面での問題を解決しようとする試みらしいですね。

通貨なのに、記録の保護?
正確には、このファクトム(factom)は文書記録保護のトークン(手数料)としての仮想通貨、と考えたほうがいいかと。

あ、ちなみにファクトム(factom)の、正確な仮想通貨名は「factoid」です。
ただ、一般に出回ってるの名称はfactom(FCT)が多いです。
例)coincheckでもfactom(FCT)と表示しています。

ややこしいですね。

あと、こちらはビットコインとは違い、Factomプロジェクトチームという発行元が決まっています。
基本管理は一応オープンで開かれたネット上のプログラムで行ってます。

下のリンク先に庶民でもわかりやすく紹介してあるものがあったので置いときます。

ビットコイン2.0の大型案件ファクトム(Factom)の解説と、トークン購入方法のまとめ

個人的には、通貨である必要性がちょっとよくわかりませんが・・・

ビットコイン2.0

ちなみに、ファクトム(factom)のような感じで、ビットコインのシステムを利用した仮想通貨はいろいろあり、それらはよく、ビットコイン2.0という呼び方をされます。

ビットコインはあくまで、ただの仮想通貨ですが、このビットコイン2.0と呼ばれる仮想通貨は、それを応用した新しいシステム全般を指すようですよ。

仮想通貨ファクトム(factom)の今後の役割

会社の小さなシステムから大規模な監査システムまで、病院カルテ、選挙システム、財産権利の管理から、法的なアプリケーション、金融システムなど、様々なところで活躍が期待できます。

普通の会社で管理している情報をこのシステムに任せればいいので、コストは圧倒的に安くなります。

そして、とにかく重要な物事が低コストで安全に管理できるので、もし今後一般に広がれば、間違いなく世の中は大きく変わると思います。

ただし、こちらもビットコイン同じく、今後の拡散具合に将来がかかっています。

その関係の話で、つい最近、このFactomがウォール街の企業と提携する動きがありました。
それで、なんでもIntrinioという金融データを提供する企業とパートナーを組むとのこと。

ここでは株式のデータをブロックチェーン上に記録し、強靭かつ透明性の高い仕組み作りを目的としている、とのことらしいです。

仮想通貨ファクトム(factom)はどこで手に入れるのか?

今現在、公式サイトfactomでは4,379,973Factoidsまでで、発行は終了しています。

今は、普通に手に入れようとすると、そっちの専門サイトでcoincheckぐらいしかないです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ここはビットコイン以外にも、かなりの種類の仮想通貨を扱ってます。

海外の取引所では
poloniexや、bittrexなどがこれを扱っています。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク