iPhoneをPS VITAのようにして遊べる専用パッドがかなり本気な件

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

今まで、ありそうであまりなかったスマホ専用ゲームパッド。

今回は、そのスマホ用ゲームパッドにかなり力を入れ込んだ超本気のアタッチメントが発売されているとのことなので、そちらの紹介をします。

スポンサーリンク

GAMEVICE(ゲームヴァイス)のGame Controller

見た目は完全にアレ。

いつか出てくるだろうとは思ってはいましたが、なかなかスタイリッシュな形状をしています。ごちゃごちゃしてなくて、非常にスリムですね。

コンパクトに折りたためるので、持ち運びも簡単。
取り付けも内部の充電部に差し込んで、かぶせるだけのよう。

下に性能を書いておきます。

・デュアルアナログジョイスティック
・400 mAhのバッテリーとゲームをしながらiPhoneを充電できるパワーパススルー機能
・オーディオDACおよびヘッドフォン出力
・特許取得のflex bridgeテクノロジー
・対応機種:iPhone 6/6s & 6/6s Plus

備え付けは、2本のアナログジョイスティックと、L1/L2/R1/R2、一時停止(ポーズ)ボタン、ABXYボタンで、本体の電池残量確認機能付き。
※近日、iPhone7版も出てくる予定だそうです。

側面に付いているのはミニジャックとLightning端子。
充電しながら遊べるのはかなり有り難いです。

対応しているアプリゲームの数が多い

こちらのゲームは、個別でゲームにあった専用のボタン割り振りツールなどを使わなくても、専用アプリをインストールするだけで遊べるようです。

上記のページ内のアプリゲームが対応しています。

マイクラがあります。素晴らしいです。

個人的には、スマホで最も難易度が高いかと思われるジャンルの一つである「マインクラフト」。

これを対応アプリに入れたのは大正解ですね。

他にも、FF(ファイナルファンタジー)シリーズや、Grand Theft Auto(Vice City)、Assassin’s Creed Identityなど、有名なゲームが多数。

対応するアプリゲームは、かなりの数があり、ざっと900タイトル以上出ているみたいです。

アプリ発の人気ゲームもPS VITAのような感覚で遊べるから、今までタッチで操作しづらかったアクションゲームなんかも普段のテレビゲームのような感覚で遊べます。

iPad mini、iPad Airおよび9.7インチiPad Pro、12.9インチiPad Proに対応するサイズ違いのモデルも発売中で、価格はだいたい1万円くらいです。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク