「電車で見ず知らずの女性の名前を知る方法」が話題に

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

iPhoneの機能「AirDrop」を悪用し、自分の周りにいる女性が持っているiPhoneの名前を探るというもの。
内容としては、女性がiPhoneユーザーの場合、近くからBluetooth/Wi-Fi接続でファイル共有できる機能「AirDrop」を使い、相手が持っているiPhoneのデバイス名を探られるのでは? というもの。

初期設定で本名を登録していると、デバイス名が「○○(本名)のiPhone」と表示されるため、面識がない人でも名前が分かってしまうという。AirDropはファイルを送りつけることが可能で、電車の中で画像やアドレスを送り付けられる例も報告されている。引用

AirDropとは、近くのiPhone・iPadユーザーと写真やWebサイトなどの情報を簡単にやり取りできる機能のこと。

ちなみにiOSの標準機能です。メールやメッセージなどの通信手段と違い、端末同士でダイレクトにカメラロール内の写真を送り合ったり、名刺代わりに連絡先のデータを送信したりできたりします。

この「AirDrop」使用条件としては
⑴iCloudへのサインインする
⑵Wi-FiとBluetoothをオンにする

で使用できるそうです。

条件に関しては、難しいものでもなく、むしろ知らない間に上のものをオンにした状態で使ってたりする場合があると思います。

そうした場合、他の同じ条件の人へ、「○○のiphone」っていう感じで、iPhoneの初期設定時に登録していた本名が出る恐れがあるとのこと。

名前が出ることはともかく、近くの人から知らない間に画像やアドレスが送られるのは間違いなく不快以外のなにものでもありませんね。

対策は

とにかくAirDropを常時接続しないようにすること。

設定でも受信範囲を決められますし、めんどくさかったら接続自体を切ってしまうことが一番です。

最近は、なんでもかんでもiCloudへの接続サービスっていうのが広がってますが、手軽に共有できる分、このような悪用の可能性も広がっているんですね。怖いです・・・

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク