アディダスが“水に溶ける”スニーカー発表

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

分解性の人工クモ糸から作られたというこのランニングシューズは、不要となった時には水に溶かすことが出来る。

アディダスは使用開始から2年後には、プロテイナーゼと呼ばれる分解酵素を混ぜた水に靴を36時間漬け込んで溶かし、タンパク質を基盤とする糸が分解されたら下水へと流すことを促しているが、靴底部分はゴミ箱に捨てる必要があるようだ。引用


アディダスによると、このスニーカーは通常のものより15%軽量であるものの、耐久力もあり、非アレルギー性で、動物由来の原料を一切使っていないとのこと。

詳しい情報はまだ出ていませんが、もし発売されても、使いどころが難しいかもしれませんね。

もともとこういうシューズは長期で使うことが前提ですし。

破棄するとなれば、それなりの低価格でもない限り、正直余程のことがない限り、水に返すのはもったいないかなと。

とはいえ、他にも使い方で可能性があることも考えられます。今後発売された時に思わぬ使用方法が出てくるかもしれませんね。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク