NISAの口座を開くなら断然SBI証券が良い話

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

通常の株式投資の世界は、
売り買いでの差額によっての利益に利益譲渡税というものがかかってきます。

簡単に説明すると、
税率20.315%(所得税15.315%、住民税5%)が利益から引かれます。

つまり毎回売り買いで利益を出すたびに、そのうち20%ほどが税金として持ってかれることになります。

仮に10万円利益が出ても実際は8万円。
なかなか大きな痛手になってきます。

が、

これをなんと非課税にしてくれるものがあります。

それがNISA(少額投資非課税制度)です。
毎年120万円までを上限としてありますが、毎年なので、年間120万円までなら取引可能です。

っとここまでの話は結構いろんな人が知っている話でしょう。
ではこのNISAを最大限に生かすなら、どこの業者で口座開設すればいいんでしょうか?

スポンサーリンク

僕の場合は、断然SBI証券をお勧めしています

あまり知られていませんが、

SBI証券では、現物取引、PTS取引、単元未満株式取引(S株)、新規公開株(IPO)、公募増資・売出(PO)、立会外分売の全てがNISAの非課税対象となります。
SBI公式ホームページ

初めてやる人なんかは???っとなるでしょうが、この株式取引にもいろいろな種類や形があります。
例えば、単元未満株取引(S株)。

株式は通常、一株だけ購入することができません。

なので、
一株700円の株があったとしても、
最低100株、
または1000株、
からの取引になってしまい、どうしても最低金額が7万、70万と高額になってきます。

それを1株から購入できるようなシステムがこの単元未満株取引というものです。

ちなみに、このほかの、新規公開株に関しては、別記事で紹介してます。

株式投資は新規公開株(IPO)という手がある
大手上場株もうぜんっぜん上がらない・・・ 気づいたら投資初めて2年経ってるし、 大手企業への投資は長期戦になるって話は以前から聞いて...

せっかく、NISAを採用したとしても、これらの取引方法に活用できなければ、意味がありません。

特に上記の単元未満株取引に関しては、業者によってはNISAが適応外のものも存在しますので、最初にNISA口座を開設するなら、慎重にどう使うかを考えた上で、業者の選定をする必要があります。

一昔前の僕のように「あー、ここでNISA使っちゃったよー・・・」なんてことにもなりかねませんよ笑

あと今は、株といえばNISANISAっていろんなところで言われてますが、税金云々の前にまずは利益を出さなければ話になりません。

一言に株式投資と言っても上記のように様々な方法が存在するので、まずは、NISA口座をいきなり作ってしまわずに、練習がてら数回取引をしてみることを、庶民の意見として、お勧めします。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク