お金→稼ぐ、が、お金→投資、より多い件

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

このページでは、主に、僕が一般のネットユーザーに八つ当たりをする目的で文章を書かせていただいてます(笑)

僕はブログの運営上、検索ワードなんかを調べる事が多いんです。
Google検索ワード

上記リンクページなんかで最近の検索数が多いキーワードを選出しています。

そこでお金に関する事柄を調べたりするんですけど、そのときにヒットするキーワードのほとんどが、

「副業」「投資」などより、

「お金ー稼ぐ」「お金ー増やす」など

の方が圧倒的に多かったりします。

スポンサーリンク

稼ぐとはなんなのか?

ここでまず検索されている皆さんに一言どうしても言いたいことがあります。

それは「稼ぐ」で検索してお金が増えるんだったら、だれも生活に苦労しませんと(笑)

確かに今の世の中、お金を稼ぐ方法はたくさん存在しますが、どの分野にしてもそれの専門知識が存在していて、それらを習得していかないかぎりお金をしっかり稼ぐことはできませんし、

何よりこのような情報を提供する側も間違いなくお金を稼ぐために検索させています。

ちなみにもっと攻め込んだ話をすれば、ここのサイトは、読み手であるユーザーにお金に関する情報を提供する代わりに広告費用を手にする手段も使っていますし、その他の大手サイトさん達も同じ手段で利益をあげていることは事実です。

また、ここでは「副業」「株」「FX」「仮想通貨」「アフィリエイト」など、投資に関する情報も積極的に発信しています。

これはここだけではなく、他の様々なサイトなんかで同じような数多くの情報が発信されているわけですが、

これらの分類での検索数が圧倒的に低いです。

なんなのか?(笑)

稼ぎたいんじゃないの?(笑)

だったらこういった情報を積極的に取り入れていかなければいけないんじゃないの?

検索キーワードだけ見ていると、なんだか、

人々が「棚からぼたもち」でも探しているかのような

今の日本の現実が見えてくるような感じがしてなりません。

稼ぐためには少なからず情報が必要になってきます。情報を見て勉強して実行に移すことで、初めて「稼ぐ」行為になるんじゃないのか?

その情報を得る手段としてこういった副業、投資関連の情報サイトや、専門書などを見る方法があるのに、

なんで「稼ぐ」といった漠然としたワードで検索されているのか?

宝くじは安全、投資は危険?

投資やネット副業が危ないとか危険とかいろいろなお話も聞きます。

そしてそういった人に限って手軽で安全な、宝くじを買う方法に「稼ぐ」期待を持っていたりします。

いつか当たると希望を胸に、習慣的に買い続ける人もいるでしょう。

確かに宝くじはリスクが決まっています。株やFXはこっちでリスクを管理しなければいけません。

株で大損することだってあるでしょう。でもそうならないように一歩づつ勉強して、勝率をあげる努力をすることができます。

宝くじはどうですか?

基本全部運任せです。

とはいえ僕も全くやっていないわけではなく、ちょこちょこナンバーズを買っていました。一回200円ほどなので、お手軽ですしね。

それでこないだ購入履歴を見てみたのですが、なんと10万近くも資金を使っていた事が判明しました。

もちろん当たれば一発逆転でしょうが、当たらないのが普通です。

自分だけは特別。ある日当たる日が突然来る。

なんて夢を膨らませる事を否定はしませんが、実際に当たるかどうかは、すさまじく低い確率によって決められた、残酷な世界です。

良い言い方をすれば当選確率は平等でしょうが、

現実は、努力をしても結果が出ない投資、それが宝くじです。

ちなみに同じように株取引を二年以上前から僕はやっていて、そっちは最近で10万投資、リターンプラス6000円でした。

知識がないから怖い、難しいから手を出さない、

こんな考え方をしていれば、今頃、僕も当たらない宝くじに期待をふくらませて、30万、40万とお金を使い続けていたでしょう。

稼ぎたいなら別世界にふみこんで!

「稼ぐ」で検索されている方、先にその手の先輩として言っておきますが、

「稼ぐ」で出てくる情報のみでは稼ぐことはできません。

「稼ぐ」のその先にある「新たな世界」に勇気をもって踏み込んでみましょう。
ただもちろん、ネットの情報に偽りが無いとは言えません。
ただで手に入る情報なので、特に「お金」「簡単に」などという甘い言葉の裏には必ず何か別の目的があります。

そんなのに利用されたくない。

言い方は悪いですが、こういった猿のような考えを持つのではなく、

それを見てこちらになんのメリットがあるのか?

こちらはその情報と引き換えに何を提供するのか?

ネットではそれを考えて情報を収集することを勧めます。
何しろ見るぶんにはタダなので、あとはこちらがどう動くか? それ次第です。

そして、稼ぐため、動く時にぶつかる最初の一枚目の壁、それが誰もが怖がっている「分からない恐怖」です。

それを乗り越えない限り、いくら「稼ぐ」で検索しても何も変わらないです。ホントに。

ここでは、実際に稼げる方法を幾つか載せています。もし、本当に稼ぎを少しでも出したいのであれば、もっと踏み込んで色々調べてみてください。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク