お金が貯まらない、貯金できない人のためのアドバイス

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

収入が低く、貧乏だからお金を貯めることができない。
買い物グセがひどくて、貯金に回せない。

そんな人たちのための対策方法をこのページでは紹介してます。

スポンサーリンク

貧乏すぎてお金を貯めることができない人

まず、この「貧乏すぎて」というざっくりした理由の原因を突き止めることから始めます。
なんでもそうですが、事の発端となる原因が判明しない限り、それの対策案は出すことができません。

まずは、一ヶ月の収入と出費を数字にして書き出しましょう。
基本的にそれが総合してプラスになっていれば、お金を貯金することができます。

例えば、以前の状態の僕だったら、
基本収入
会社給料:180000円
基本出費
家賃:41800円
光熱費:約8000円
通信料:16500円
ガソリン代:7000円
食費:25000円
計ー約100000円
余剰金額:80000円

このような結果になりました。
ここからさらに、「その他の出費」=付き合いでの出費や、その他の生活費がかかってきます。

実はこの「その他の出費」、

これこそが貯金するための重要な要因であり、大半の人が管理できていない部分に当たります。

僕の場合は、それらの状態がどうなっているのかを調べるために、1~2ヶ月の間、詳細な家計簿を記録して内訳を調査しました。

もちろん日頃からそうゆう出費が把握できている人はこんな事しなくてもいいと思いますが、普通に生活していて、貯金がまったくできていない人のほとんどはこの辺の部分があやふやになっている可能性が非常に高いです。

なので、本気で貯金を考えるのであれば、面倒くさがらずに一度ここの収支の詳細を調べてください。

収支管理の方法は以前別の記事にて紹介してます。

100%お金を貯める方法
ほんとに大げさなタイトルですが。。。 よく金持ちの周りにはお金が集まるとか言います。それでは逆に貧乏人には回ってこないのかと言うと、も...

上記の基本出費の計算の時点で、収支がゼロ、もしくはマイナスになる人

上記で計算した、家賃などの出費ですでにゼロ、もしくはマイナスの人。
これの対策は
1.転職を考える
2.副業を考える
3.食費を抑える
4.家賃が低いところに引っ越す
などがあげられます。

いずれにしろ、なんらかの行動をしなければ、今の状況は変わることがありません。
こんな世の中への不平不満もあるでしょうが、それを嘆いていても何も進まないので、まずは理論的に考えて、どうしたら今の状態から脱出できるかを計算してください。

自分が貧乏かどうかよりも、数字として計算して、そこからどうやってお金を手に入れるかを、摸索するんです。

逆に、安定してここの収支を少しでもプラスにすることさえできれば、今の世の中いくらでもそこから収入源を模索して行動に移すことが可能です。

浪費グセがある人

こっちも上記の方法と同じく、まずは収入と出費の計算をすることから始めます。
本当にお金を貯めたいと思っているんでしたら、無理な作業ではないはずです。

この収支の記録をつける方法と、
全財産がいくらあるのかを把握する方法、つまり「資産の視覚化」をすることは、

自分の今を知る方法としてひじょーー、に大切です。

お金が全てとは言いませんが、お金がなければ人間生きていけません。

よほど収入がある人は別として、昔から家計簿をつける習慣と言うものは社会人にとって重要な作業でした。

ネット社会になった今でも、方法ほどうであれ、この「資産の管理」が大切だという事実は全く変わっていません。

まずは、現状のざっくりとした「お金が貯まらない」ことを「資産の視覚化」で状態を把握して、それから決められた範囲内で好きなものを買うように変えましょう。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク