低カロリーで節約できる夜ご飯レシピランキング

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

ここの管理人は、以前職場の人から2回連続で「あれ、太った?」と言われたことをきっかけにガチでダイエットを押し進めていた時期があります。

ただ、ここの管理人は何ぶんケチな性格なので

カロリーを抑えるとともに
時間、
コスト

も同時に削減する方向で、いろいろ試行錯誤を重ねておりました・・・

ここではその際に、実際に効果が確認された、「低カロリー」で、「低コスト」「短時間調理が可能」「ボリューム重視」な、夜ご飯をランキング形式で紹介してます。

かなり欲張って選定したので、実用性は高いかと。

※注意:人によってはこの方法を推し進めることで、体調を崩す場合があるので、少しでも体のだるさを感じた場合は速やかに元の食事に戻すこと。管理人も一度失敗して体調を崩しています。

スポンサーリンク

勘違いダイエット食

よくダイエット食品で、市販のスープや、サンドイッチなどが紹介されていますが、あれは想像以上にカロリーが高いです。

まずスープ類は結構油使ってます。そして味も濃く、その割に野菜がほとんど入ってません。(何がとは言いませんが)。というか市販の調理品はほとんど野菜なんてまともに入ってません。

次にサンドイッチの類ですが、これは論外です。

サンドイッチの構成を見てみればわかります。ダイエットと言われるのは単に量が少ないからで、実際パンとマヨネーズでできているような食べ物です。しかも腹持ちが凄まじく悪いです。個人的な実感1時間半持てば良い方です。

そして、量を減らすこともダイエットに繋がりますが、ただ単純に減らすだけでは継続できないことを読んでいる方はもう理解できているはずです。

あとお米に関してですが、

全く食べないのはアウトです。

これ重要です。基本人間は炭水化物がないとまともに動けません。これでここの管理人は何度失敗したことか・・・
毎日とは言いませんが、少なくとも週2~3回は茶碗一杯分摂った方が良いと僕は思ってます。それでも人によっては体調を崩す方もいるとは思います。

お米は単なる炭水化物ではなく、重要な栄養源であることを理解してください。そして栄養が豊富であるからこそ食べ過ぎると太るのです。

第4位:おでん

美味しさ
手軽さ
低コスト
栄養
ボリューム
dispimage-546x410

意外に知られていないのが、このメニュー。
セブンイレブンや、スーパーに売られている一般的な一人分のおでんパックのカロリーはなんと一袋525gあたり175kcal。

この量でこのカロリーは驚異的です。

しかもお値段なんと198円。

買って帰って温めるだけで、あっという間に夜ごはんのできあがり。

そしてこれに、僕は一手間加えます。
それは「だしの素」を加えることです。

これを実行するだけで、全然違った雰囲気に仕上がります。
だしの素、最強ですね。

第3位:豆腐、キムチ、サラダチキン

美味しさ
手軽さ
低コスト
栄養
ボリューム
2015052912080705_px250main

僕が夜の食事に困った時にもっとも使っていたコンビです。
サラダチキンはこのボリュームで120kcalいきません。
キムチなんてもっと低く、50kcalくらいです。
低カロリー代表のお豆腐は、お腹を満たす役としてそこへ投入。

地域によって違いますが、
豆腐350gで約30円、サラダチキン125gで約200円、キムチ200gで約200円、
しめて計430円ほどで、低カロリー食を実現できます。

問題は、人にもよりますが、量が物足りないということくらいですかね。
少なくとも僕はちょっと足りないかなーって思うときもありました。

第2位:豚白菜鍋+ご飯

美味しさ
手軽さ
低コスト
栄養
ボリューム
2
お鍋は基本どれも低カロリーです。
その中でももっともシンプルかつ人気の高いものがこのミルフィーユ鍋。
材料なんて、白菜1/4(150円)、豚バラ肉、細切れ肉(300円)のみあればできてしまいます。

一回全部入れて5~10分煮込めば、これで大体2~3日分もちます。

なので2~3日で500円程度です。
カロリーは言うまでもなく、ほとんど素材を煮ているだけですので、白菜と豚肉のカロリーとほぼほぼイコールです。
ちなみに白菜は100gあたり20kcalいきません。

これだけでも十分ですが、「まだお腹が空いてー」って人はご飯茶碗一杯分は追加しても全然構わないかと思います。
さらに汁が結構出ますので、それをお腹に入れるだけでもかなり満腹感を得られます。

このミルフィーユ鍋というのは、単なるカロリーだけではなく総合的に評価すると、もっとも優れた食事だと僕は思います。

第1位:ラタトゥーユ作り置き

美味しさ
手軽さ
低コスト
栄養
ボリューム
160202remmy2
映画「レミーのおいしいレストラン」で有名な「ラタトゥーユ」。
知らない方に説明すると、

フランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理のことを言います。
何かおしゃれですが、要は野菜を煮込んだ料理です。簡単に作れます。

そして、こちらは作り置きにしておくことで、時短につながります。

庶民の味方、カット野菜パック2つと、
鳥、または豚でも良いですが、それを300g、
トマトホール缶を一個、
最後に栄養が豊富なパセリ一袋使います。パセリの栄養素については下を参照してください。

安くて栄養ある野菜は
節約をするときに、大抵はまず毎日の食費をおさえることを考えますが、一人暮らしの方などはどうしても栄養が偏りがちになります。 安さのみを...

作り方は、と言っても、とりわけ何か特別なことをするわけではありません。
パセリ以外、全部を鍋で煮込むだけです。

あとはタッパーに3~5日分くらい分けて冷凍すれば、OK。パセリは食べる直前に入れてください。入れっぱなしだと苦味が強くなります。

カット野菜が一パック150円×2、トマトホール缶一個100円、お肉は350円くらい、パセリは120円ほどで、
なんと3~5日分、1000円いきません。

あとはこれにお好みでパンとかつければボリュームの調整もできます。

栄養もさることながら、ボリューム、コスパを最高に良く、何よりおしゃれです(笑)

目次

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク