初心者ならFXはシュミレーションからやらなければいけない理由

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

初心者はFXをシュミレーションからやらなければいけない理由

僕が言うのもアレですが、FXを始めようと思う人は、まずシュミレーション、デモトレードから始めるべきです。

理由は言うまでもなく、
お金が減るリスクがあるからです。(絶対減るとは言いませんが)

いきなり始めて所持金が半分になった時の絶望感たるや、

もはや一切のやる気をなくしてしまいます。実際に経験済みです・・・
参考までに

FXは副業にすることが可能か?
FXは副業にすることが可能か? きっかけは、TVでFX税金未納の話を聞いたことです。知らないうちに税金未払いになっている恐怖を...

どこでも言われていることですが、ほんとに基本的に最初からいきなり勝ち続けるとこは不可能だと思ってください。当たり前ですが。

スポンサーリンク

目次

運では勝ち続けられない
何が勝ちなのか?
ロスカット、手数料(スプレッド)
FXの確率は変わらない
FXは初めて触って一気に増やせないようにできている
普通にFXはちゃんと稼げる

運では勝ち続けられない

よく、参考資料などに「確率は1/2」「勝率50%」などと書かれていますが、初心者はこれを見てFXを楽観的に考えてしまいます。

初めの頃はこの甘い言葉に僕も惑わされていました。

確率50%が間違いとは言いません。

ただし、結果がいつも半々とは全く、全然、意味合いが違います。

例えばコインを投げて連続して裏が5回出る時もあります。その逆もしかりです。
きちんとトレードルールを作っていれば良いですが、これをギャンブルと混在して考えてしまうと、どうしても感情に従ってしまい、

「裏が連続で出ているから今度は表だ➡︎また裏が出る➡︎一回裏でやってみよう➡︎表が出る➡︎じゃあ裏➡︎表が出る」
結果、「運が悪いっ、ぎゃー!!」

となりかねません。(実際ほんとにこうなります・・・)
これなら初めから表オンリーでかけていればまだ、一回の勝利がありました。

僕も頭では理解しているつもりでも、その時になると無意識のうちに「次は下がるから売り」➡︎上がる➡︎「じゃあ買い」➡︎下がる、の負の連鎖に陥ることがよくありました。

何も決めてなくとも最低「買いのみ」、「売りのみ」とかのルールを決めておくだけでもまだ勝率は上がります。

このように、最悪なギャンブルにならないように、まずは単純でもいいのでルール作りから始めなければいけません。

何が勝ちなのか?

結果として、プラスになれば勝ちです。

でも、これだと1日50円でもプラスになれば勝ち、という考え方になります。
もちろん、ほとんどの方は、全くこれでは満足しないでしょう。

誰もが、望みは「億万長者」です。

そうなってくると1日あるいは一ヶ月で、いくらのプラスにしないといけないか考える必要があります。
ちなみに当初の僕は1日プラス16000円を目標にしてました。なめてました・・・

ここでの目標金額の考え方は、一定期間ルールに従って数ヶ月トレードをして、その結果から目標金額を算出する方法が一般的です。

つまり、最初は金額目標も何もないんです。

この期間に最初からリアルのお金を入れてトレードを仕掛けるのは、あまりにも無謀です。
値段が高くて当選確率がわからない宝くじを買い続けるのと同じです。

まずはシュミレーションでルールを作り、その結果、収益を出すことができて、初めてギャンブルから計画運用に変わる入り口に入ることができます。

シュミレーションは実際に後から入れるであろう金額と同じ金額にすることで、リアルに近づけることができます。

ロスカット、手数料(スプレッド)

意外に知られていないのが、この「ロスカット」と「手数料(スプレッド)」の存在の大きさです。

やったことのない人は、

「所持金全部使ってポジション持ったままにしておけばいつかはプラスになるのでは?」
と考える人もいます。しかし高レバレッジで、これを実行した場合まず100%ロスカットになります。

ロスカットに関しては、個人を守るための保護方法であることは間違いありません。レバレッジをきかせている限り、全所持金が大きくマイナスになる危険性が常にあります。

昔はこの制度が緩かったために、高レバレッジで大量にポジションを持てました。
そのおかげで主婦でも、億万長者と借金まみれの人が何人も出てきたわけです。

今はレバレッジ25倍、ロスカット50%のような仕組みができてますので、もちろんこのような無謀な賭けはできません(日本では)。

つまり、大きな損失を防げる代わりに、簡単に億万長者にはなれないということです。必然的にコツコツとtry and errorの繰り返しで、資金を増やしていくことになります。

あとは手数料。

手数料(スプレッド)に関しては、時間によって大きく変わる場合があります。

例えば朝。

普通では0.3pipsのものが4.0pipsになっていたり。

簡単に10倍以上になります。

人が集中することでこのような現象になる場合があるそうですが、単純に手数料を考慮した場合、上記の「勝率50%」理論は崩れることは、全くやったことのない人でも理解ができるでしょう。

10円の利益を出すためには、実際は10円プラス手数料分手に入れなければいけないわけです。

FXの確率は変わらない

FX攻略法で、「勝つ確率を80%に増やす」「90%に増やす」などの謳い文句が横行していますが、

常識的に考えて2通りの結果しかないので、どんな方法を使っても確率は50%です。未来が見えれば別ですが。

FXチャートに特徴があることは否定しませんが、そこから確率を変えうる手法を考えられるほどFXは甘くはありません。

じゃあどこで差をつけるかを考えた時、

「利益50%でどれだけ数値を稼ぎ、残りの50%はいかに損失を抑えるか」です。

僕は最初こそ適当なトレードをしていましたが、今はこの損失を抑えるために、

得意なトレードでのみ参加

損切りは絶対に設定する(何度か欲に負けてます・・・)

など、ざっくりですが、ある程度ルールを決めてます。

FXは初めて触って一気に増やせないようにできている

勝ち逃げできれば良いです。例えば資金50~60万円で5~8万とか。
それも人生で一度きりのFX。

これは僕でもできます。

ただし、上記の通り確率が50%である限り、常識的に考えて、勝ち続けることは不可能です。

しかも、基本的に今のFXは、短期間で持ち金以上に資金を増やすことができなくしてあります。(日本の安全なロスカット、レバレッジ制度によって)
一度に100万とか、1000万とか、ましてや1億とか、

普通に初心者入門や、参考書などを見て学べば学ぶほど、これがいかに不可能で、非現実的かを理解できます。

そのくせ、FXは手軽に、好きなだけ、資金をかけることができます。

それを理解できずに、他の成功者の結果のみを見て「自分にもできるんじゃないか」と無謀な賭けをしてしまうと、そこで大きく負けるわけです。

一度に、5~8万円稼ぐことができるということは、逆に一度になくなることもあるということです。

ただ逆に、しっかりと考えた理論を立てることができれば、そこから億万長者になることも不可能ではないと僕は思っています。

普通にFXはちゃんと稼げる

いろいろ大きな話をしましたが、あくまで、投資の意味合いで、長い目を見てコツコツ稼ぐ分には正直全く問題ないです。

一ヶ月に2000~1万円とか。

ただし、サイコロを振り続けると、すべての出目が限りなく1/6になるように、FXもなんどもトレードすると限りなく50%に近づきます。

いくらでもできるからと見境なくトレードしまくると、せっかくプラスになったものもゼロ、最悪マイナスになるわけです。

参考までに

大統領選挙(トランプ氏当選)影響でのFX利益
大統領選挙(トランプ氏当選)影響でのFX利益 以前報告すると言ってなかなか報告ができませんでしたが。。。 今回は大統領選...

ダメダメの初心者の僕でも、勝ちやすい相場が必ずきます。
最近は、基本そこまで待ちつづけて、タイミングを計って短期勝ち逃げすることで、収益を得るやり方になってます。

もしこれを読んでいる人がFXをギャンブルと混在せずに、まずは、わずかな資金を得る投資として、しっかり計画性を立てて考えるのであれば、僕は口座開設をお勧めできます。

SBI FXトレード株式会社

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

上記はあくまで投資をする上で信頼できるFX会社です。ロスカットやアラート、為替が急変する危険までもお節介なまでに細かくお知らせしてくれます。

ただ、もしここの説明に当てはまらない無謀な取引をしたいのであれば、これ以外の海外FX業者がずっと良いでしょう。レバレッジ500倍などが普通にありますから(笑

なお、ここではそれらは紹介できません。詐欺まがいのものや、正式な会社として認められている業者の区別がつかないからです。

どうしても興味のある方は、自己責任でお探しください。

僕はとても怖くて手が出せません・・・

目次へ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク