クリぼっちでもクリスマスで100倍楽しむ方法

シェアする

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

彼女がいない時って普段は別に問題もなく、楽なんですが、この季節(憎きクリスマス)になるとどうしても「辛いっ」と言わざる負えなくなりますよね・・・

ただ我慢してカップルを恨むのもいいですが、ここではとりあえず1人身にでもクリスマスをガンガンに楽しめる方法を紹介します。

スポンサーリンク

独り身で勝手に苦痛を感じる必要はない

まず、ここで、
家に引きこもって何にもしない
と言う選択肢があります。

これは楽しんでいることにはなってないですし、もちろんここではお勧めしません。

クリスマスを恨んでいる人なら誰しも一度は口に出す言葉に
「クリスマスは家族で過ごすもの、カップルは関係なし」
「そもそも日本はクリスマス関係なし」
などがあります。

確かにこうゆう季節の行事の中では、一番「リア充臭い」イベントです。どんなに言っても、負け惜しみにしか聞こえないでしょう・・・

しかし、だからと言ってこっちから無理に引きこもる必要はありません。

なぜなら、この季節、カップルはまず100%彼氏彼女に夢中だからです。周りが一切見えていません。(笑
わざわざ独り身を悲観的な目で見るような余裕はないです。

第一、他人から見て、こっちが独り身かどうかなんて分かりませんし。

それよりも、このイベントでの恩恵のおこぼれ的なもの(下記説明)を、積極的にもらいに行きましょう。

スーパーで飯買ってテレビ見て楽しむ

考え方は人それぞれですが、僕は大概この方法で楽しんでます。

クリスマスや正月もそうですが、だいたい前後2か月くらいはスーパーやコンビニの商品が、イベント仕様の商品であふれます。

クリスマスであれば
ケーキ
チキン
ワイン
その他、洋食類

普段売っていない食品であふれます。

しかも年に一回だけです。

ここは普段の自分へのご褒美として、ここぞとばかりにそれらの商品を買いあさりましょう。

そして、家に帰ってクリスマス特番を見て、クリスマスの雰囲気を逆に楽しみましょう。

こういうイベントは、伝統だとか決まりとか色々ありますが、そもそもそれらは人が勝手に決めているものです。
別に神様が決めた行事ではありません。

所詮人が勝手に決めた行事なんていくらでもイメージを変更できます。
わざわざ周りに合わせるのではなく、行事に対しての解釈なんて個人で勝手に決めてしまえば良いと僕は思っています。

クリスマスは美味しい飯食って、テレビの特番、もしくはユーチューブを見て楽しむイベントだと個人で決めてしまえば良いのです。

1人専用居酒屋へ行く

とはいえ、わざわざカップルの中へ飛び込む必要もありません。
ここは100%1人の集まりである、1人専用の居酒屋へ行ってみるもの手です。

クリスマスの雰囲気を楽しめて、さらに1人どうしで仲良くなる可能性をあります。

外に行きたいなって時は、こういう場に行ってみても良いと思います。

街コンへ行く

意外に知られていないのがこの方法。
当然、出会いの場なので、100%独り身しかいません。

しかも、基本相手は全員が出会いを求めてきます。
特にこの季節は、誰もが無性に異性が恋しくなるそうなので、1人がいいっていう人以外は絶対に行かない手はありません。
ちなみに参考までに

社会人から、恋人と付き合いたい人必見
社会人になると、極端に出会いの数が少なくなります。 学生時代に異性と華やかな生活を送ることができなかったボクなんか、社会人になるとさらに状...

なんども言いますが、クリスマスにここに来る人は、100%全員独り身です。

そしてクリスマス期間の街コンは、普段よりずっと出会いを求める人の割合が多いです。
そして僕は、今までの経験から、この方法が最も1人でクリスマスを楽しむ方法であると断言します。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク