大統領選挙(トランプ氏当選)影響でのFX利益

シェアする

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

大統領選挙(トランプ氏当選)影響でのFX利益

webw160509-thumb-720xauto

以前報告すると言ってなかなか報告ができませんでしたが。。。
今回は大統領選挙の影響でのFXの結果を報告します。

外国為替市場の変動は大きなものとなりましたが、そのおかげで個人でやっているFXでの収入が数時間で5万円以上に達しました。

以前もそうでしたが、FXをやっていると、時折このような素人でもすごく勝ちやすい相場がやってきます。
一応、素人なりに2年間コツコツとやり続けていますが、このような場面が今までに7~8回はありました。

こないだの英国のEU脱退の件では、なんと一時間で10万以上の利益になりました。

怖いものだとわかっていても、やっぱり大きな利益があるので、危険な相場でも参加してしまいます。。。

スポンサーリンク

素人の僕の相場の波の乗り方

あくまで僕の場合ですが、こういう政治的な場面では、相場が一方通行に動く可能性が大きいと思っています。

しかしそれと同時に大きく波が変わる前後では騙しも発生します。なので、当たり前ですが常に様子を伺い、こまめに利益を確定していく必要があります。

ただ、そもそも変動値が大きいので、一瞬の利益もその分大きいです。(損失も大きくなるが)

いったん波に乗ってしまえば一気に利益が出ますので、その後チャートの動きが渋った時にいったん確定します。

そういう時の警戒方法

①僕の場合、基本的に一般的なニュースはそのような場面では参考にしません。あくまで、動いた方向に少しの間のみ、ポジションを持つ考え方でやります。

※ただしもちろん頭に情報は入れます。勉強にもなるので。

②また、そのような場面では、1分足(一番短い時間足)を見て判断します。

③最初の一波目はほとんど乗ることができないので、無視します。

④基本損切りはポジションを持った時の足の実線を値が下回るとすぐに損切ります。1分足でも安値と高値の差があまりにも大きいので、通常の損切りではリスクが大きくなるからです。もっともレバレッジを低くすることである程度の余裕は作れますが。

今回のレバレッジは

普通は高レバレッジは危険であり、特にこういう場面でさらにきかせるのは当たり前ですが大変危険です。
しかし僕の場合、このような場面でもよく25倍でやっています。(笑

僕は余剰資金で運用しているので、あくまでそもそもなくなっても大丈夫という考えでやっています。

もちろん捨てるつもりはないですが、こういうときにでも大きく利益を出さないと物足りなさを感じるのが貧乏人の僕の考え方です。

しかし、このような場面では今まで一度も負けたことはありませんし、むしろ通常時の取引での損失の方がはるかに大きいです。

当然ではありますが、要はいくらレバレッジをかけようとも負けなければ良いだけなので。。。

通常時のFX参加率は

2年間FXをやった結果、通常時は負けることが多いと悟ったので、最近はこのようなイベントがらみの時か、あるいはチャートがよほど素直な時でもない限り、ポジションは持たないことにしています。
ちなみに参考までに

FXは副業にすることが可能か?
FXは副業にすることが可能か? きっかけは、TVでFX税金未納の話を聞いたことです。知らないうちに税金未払いになっている恐怖を...

素人の僕でも利益を出す時は

大きなイベントがある時
波がわかりやすい、方向がしっかり出ている時
新規キャンペーンの時

ぐらいです。
ちなみにどこでも言われていますがやはり順張りが一番だと思っています。
またラインブレイク時の下落が個人的によく利益が出ています。

もし、興味がある方はキャンペーンのお金だけでも一度狙ってみてはどうでしょうか?

ちなみに僕が最初にキャンペーンのお金をもらった時は、知らないうちにお金が勝手に入っていたので、システムのバグかと思い焦りました。

後からメールで知らせが入るんですが、普通は先に連絡すべきかと思いますね(笑

僕が持っている口座

SBI FXトレード株式会社

初心者向け、無理な投資ができないようになっているので、無茶したい人には向かないです。毎回結構キャンペーンは凝っています。
DMM.com証券

CMでも同じみのあそこの。
オーソドックスな口座、アプリはかなり凝っています。
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク